Skip to content

預け先が違うから、増え方も異なる

お金の小学校 -  1時間目「日本人の投資性向」Chapter3 : 個人金融資産の日米比較 より

 

日本人は現金と銀行への預貯金が、資産のうち半分以上を占めているといわれています。

一方「金融先進国」といわれるアメリカでは、株式・債務証券・投資信託を金融資産として所持している人が多く、現金と銀行預金は全体の13.4%しか所持していないというデータもあります。

また、預け先が違うことで、殖え方も大きく変わってきます。日本人は1990年から2017年の27年間で資産を1.84倍にしたのに対し、同時期のアメリカ人は4.43倍と大きく殖えています。この差はズバリ、預ける先が違うから。

アメリカ人同様、日本人も「運用」を視野に入れて殖やす必要があることがこれで分かりますね。

    お金のキホンをしっかりと学べる「お金の小学校」をもっと読みたい方は、あおばFPのWebサイトへ!
    有料相談を受けた方にはもれなくプレゼントしています。